根拠の無い自信

4月第3週の練習総括。練習日は3日、総走行距離は55.95kmでした。

水曜日早朝、LTペース走10km、44’33”、心拍数はAv156bpm。前後Jog。

木曜日早朝、JOG1H。

土曜日JOGの予定だったけど、就寝時に寝返りうったところ、右足ふくらはぎが攣ってしまう!っっ! なんで「(これ幸いに)大事を取って」布団の中で RUN OFF を即決!!

日曜日早朝、5′10″/km設定で持続走20km、結果5’04”/km。前後Jog。気温6℃で寒い。トイレに3回行ってしまう。冬場さんざん悩まされたトイレ問題の原因は「寒さ」だったと再認識できました!!

なお「大事を取った」右ふくらはぎには、何ら異常は無かったことは言うまでもありません。。。

相変わらず「やる気」がイマイチ。

指南書Menuも2年目に入りマンネリ。昨年は「やっとの思いで」設定タイムをクリアしていたものが、今年は「軽~く」実践出来てしまう。自分の中で、明確に根拠がある訳では無いけれど、目標もあっさり達成出来るんじゃないか?という思いが支配的。

そんな中で、今週「神戸」「大阪」のエントリーを完了し、抽選待ちに。

両大会とも人気で、ゼロ関門のハードルは決して低くは無いです。しかしながら、思い起こせば、昨年まで3年連続して両大会にエントリーして、W落選は一度も無し。

ってことは「今年もどちらか当たるだろう!!」 こちらは更に根拠の無い自信です。。。そもそもW当選しても2週連続のフル出走となるので、いずれかをスルーすることになるのですが。。。できれば「大阪」希望です!!

天候不順

そもそもモチベーションに問題はあるものの、昨年同時期との差の原因の一つに、雨天日の多さがあると思う。今日はガッツリ雨。勤務地の大阪は大雨警報が出たほど。

週間予定では、平日は火水木曜に早朝RUN、これに週末練習を加え5日RUN。しかし、今のところ連続週4止まり。明朝の予報は、5時台雨、6時台晴と何とも微妙な感じ。でも、潔く早々に RUN OFF を決め込みました!

よほど大きな刺激を得るか、危機感を抱くか、何とかしなければなりません。

今日は予定通り加圧トレーニング!こちらの方は着実に成果が上がっていて、大胸筋がピクピクッっと動くようになりました!! こうなると良い流れで、ますますやる気になるんですよね~

働き方改革!?

4月第2週の練習総括。今月のテーマは「スピード練習の準備」です。

練習日4日、総走行距離70.3km。

水曜日早朝10kmLTペース走、結果44’50”。先週TT気味に走って疲労困憊っ!!懲りたのでペースは抑え気味に。心拍数は159bpm、これホントにLTペースか?

木曜日夜JOG1H。ホントは早朝実施の予定だったけど、起きれなかったので仕事から帰宅後実施。

土曜日14時から5′10″/km想定で20km持続走、結果5′08″/km。前後アップ・ダウンJOG。こちらもホントは早朝実施予定も、眠い・疲れてる・天気予報読めない諸々言い訳三昧の挙句昼まで惰眠を貪り。。。今シーズン初めて半袖で走ったが、大正解だった。同じく専門ショップで買ったグレゴリーボトル700mlに、ハイポトニック飲料+はちみつ+レモンを入れて持参。これまた大正解!!

日曜日早朝LSD2H。週間走行距離を大台に乗せるため10分延長して18km。

この他、月曜金曜夜に加圧トレーニング。

先週同様に「起きれない」が目立つ。思い当たるのは、4月から出勤時間が早まったから。その分退勤時間も前倒しになれば良いのだがそうなっておらず、単純に総労働時間が増えている。ワタシにとっては逆「働き方改革」になってしまってます!

加えて「働き方」と切り離せないことに「通勤」もあると思う。こちらも今春のダイヤ変更で、通勤の大部分を占める通勤電車の帰りは、ほぼ100%座れなくなってしまったことが大きい!!(怒)

身体が慣れるまでの我慢か?根本的に生活スタイルを見直すべきか?

新シーズン始動!

先月は第一日曜にフルマラソンを走った後、回復に努めておりました。占めて19日間RUN OFF、月間走行距離は帳尻合わせで200kmを僅かに超えた程度でした。

この間、花粉症に加え風邪をひいてしまい2-3週前は鼻炎が最悪の状況でしたが、先週から随分持ち直しました。

今シーズンの第1ターゲットレースを11月として、本格的に今週から「期分け」に基づく練習を再開しています。

2017-18シーズンの目標は2段階で据え、第1ターゲットの秋レースでSUB3.5を達成し、第2ターゲットの冬レースでは3:20’切りとしました。

あと約1分半のSUB3.5は手の届く範囲?と考え、その先をどうするか?悩ましいところでしたが、少しストレッチな目標とした方が、何とか実現したいSUB3.5へも良い影響を及ぼすだろうと考えた次第です。

目標へ向けた決意は次の3点です!

①キロ4分台の壁を越える!→ミドル・ロング走いずれも常に4′50″/kmで走る

②指南書Menuを一層昇華させる!→全Menu設定ペースを10秒早く走る、&これまで実践してこなかった選択Menuに取り組む(ex、坂道走)

③脚を強くする!→タイツとさよなら

出場したいレースは、、、希望順に

秋→①大阪、②神戸、③福知山、*加古川 当初、福知山第1希望としていましたが、やはりミーハー魂が抑えきれず大規模大会にココロが。。。エントリーはまだ。W落選したら福知山へ。加古川は先月の篠山で知り合ったランナーさんのイチ押しなんで、ただいま検討中。日帰りできるか微妙なんだけど。。。

冬→①京都、②泉州、③篠山、*京都木津川 やはり地元の京都には一度は出てみたい。昨秋、大阪でパスした山中教授は2月に京都でSUB3.5されたんですね~。あの多忙な方が凄い!なぜか知人友人に泉州人が多いワタシ、一緒に出よう!と言い合っている泉州は京都と同日開催なのですが。。。ここもW落選したら篠山リベンジ!木津川はその際の練習レースの位置づけですが、来年はガチRUNするかも?

 

あと今シーズン大切にしたいのは「楽しむ」こと。今シーズン Running Life を継続できたら、一生モノの趣味になりそうな気がします。ストイックになり過ぎず、走行距離はあくまで目安にしたいと思います。

家庭・家族との調和、兼務範囲が拡大した仕事、Running Life、いずれも優先順位は付けられず、その時々で最適解を判断しなければならない、そんな一年になりそうです。

篠山ABCマラソン各スタッツ

先週参加した「篠山ABCマラソン」の記録証がダウンロード可能になっていました。別途有償ですが、エントリーの際に申し込んでおいた紙ベースの記録証が写真入りで後日届く予定です。

これまでの大会と比べると計測ポイントがほぼ10kmおきと少なく、また手元のEPSON君とは40km地点で48秒も違っていました。下記は全て記録証のタイム、心拍数と5km毎推定タイムはEPSON君からとなります。

■00-10km  49′47″ @4′57″ 156bpm ※最初の1km@5′35″

■11-20km  49′37″ @4′58″ 167bpm ※14-15kmでトイレロス約40秒

■21-30km  50′00″ @5′00″ 170bpm ※25kmまで@4′53″、以降@5′04″

■31-40km  50′47″ @5′05″ 183bpm ※35kmまで@5′05″、以降@5′02″

■41-Finish  11′24″ @5′11″ 186bpm

■Gt     3:31′35″ @5′01″ 170bpm

6時間もかけて歩き倒した初マラソンを除いて、初めて後半の方が遅い息切れ型のレース運びとなってしまいました。正確には27kmまでは何ら無理することもなく5′00″/kmを切って走っていましたが、以降切れなくなりました。

前半に日差しが強く暑かった中で、上り基調の10-30kmにトイレロス挽回を企図して少しペースアップしたことがいけなかったのかもしれません。ただ、ペースアップしている時は余裕が有り、30km過ぎの折り返し以降、リミッターを解除して更にペースアップしてやる!と調子こいていたのですが。。。

にしても、後半息切れ型になると苦しい30km以降で「後続ランナーに抜かれる」場面が多く精神的にもダメージの大きいレースとなりました。反省反省。。。

肉体的には、翌月曜から木曜まで、ハムストリング、股関節、前ももの順で筋肉痛が酷い状態。火曜は出張で新幹線乗車だったのですが、タイトなスケジュールで移動でしたので駅構内、ホームを走れずあやうく乗り遅れるところでした。

特に、ハムストリングがこれほど筋肉痛になるのは初めてで、上りの影響だったのでしょうか?

日曜からJOGを再開しました。約1週間 RUN OFF して、今シーズンを振り返って来シーズンの目標を立てました。こちら、また日記で宣言したいと思います。

篠山ABC振り返り ~説教面談編~

「とげぞう君! 今回SUB3.5達成へ向けて、私へは『順調です』とか『8割方大丈夫です』と期待を持たせる報告ばかりだったけど、どうして駄目だったんだ! 2週前に右足シンスプリント痛めたかも?と言ってた故障が原因か!?」

「いえ、鬼部長。右足はテーピングで全く痛みませんでした。」

「本番前日にも、腰がとんでもなく痛いと、ボルタレンと幅広テーピングテープの購入申請を上げて来て、渋々ハンコを押したけど、こっちが原因か!?」

「実は、これも奇跡的に一晩で大方治まったんですよ。」

「はあ?? 本番前にあちこち痛い痒いと言いやがって! 神経的なモンじゃないのか! じゃあ何が原因だと言うんだ! 毎週報告が上がってたトイレ問題か!?」

「それが、1回で済んで待ち無しだったので、ロスは長くても40秒くらいですかね。」

「ふざけるなっ!! じゃあ自分では何が原因だと思ってるのか言ってみろ!!」

「はい。。。申し上げにくいのですが、、、暑かったです。」

「暑かったぁ? バカヤロー! どうせそんな言い訳だろうと私も調べてあるぞ! 最高気温は15℃前後、『ランネットのレポート&評価』ではマラソン日和というコメが多かったぞ!」

「ホントに暑かったんです。25km過ぎ迄ずっと日差しが有って、体感的には昨秋の大阪M以上でした。27km過ぎから5分/kmが切れなくなって、30km過ぎの折り返し以降からは下り基調でそこから挽回しようと思ったんですが、ようやく折り返してみたら逆風でした。。。」

「しかし15℃やと、ちょうど良い気温じゃないのか?」

「実は、こんな条件で練習してなかったんです。。。雪の降る極寒の中とか、練習は早朝か夜なんで、正直10℃以上なんて殆ど無かったと思います。。。1月のハーフ、2月のフルも両方とも雨で寒かったですし。。。よくよく考えれば、この大会は10:50スタートだったんですけど、そこまで考えが至りませんでした。。。11時だと、30km走を実践しても練習終わってる時間です。。。」

「しかしとげぞう君、君からは本番当日暑かった場合用にと『ファイントラックスキンメッシュロングスリーブ』の設備投資の決裁書が回って来てたじゃないか!」

「鬼部長、ファイントラックの効果は凄いですよ! 練習で着用して感動しましたもん! 全然汗冷え無しです。ただ、昨日は半袖シャツ1枚で十分でしたね。昨日に関して言えば、ファイントラック長袖+半袖シャツなんて選択ミスでした。。。」

「バカヤロー!!本番で使えねえモンなど投資する価値無いわっ!! 君からは、その他にも目ん玉飛び出る高っかいサプリの購入申請も有って、達成確率80%を100%に近づけようと承認したが、、、」

「ああ、『STCのラストkm』ですね。35kmで飲むと30分だけ蘇ると評判のサプリです。取引先の専門ショップで奨められまして、、、」

「効果はどうやったんや?」

「はい、35km過ぎで服用して、36Lapは4′51″/km、37Lapは4′57″/kmに回復しました。」

「そういう事やったんやな。私の手元には君の昨日のLap表が有るんや。40km以降、倍返しで落ちとるやないか!!一瞬の為に無駄にエネルギー浪費しただけやないか!!」

「、、、いや、そんな訳では。。。。」

「君は備品購入が好きな奴っちゃ、テーピングも買いすぎちゃうんか?」

「いや、鬼部長、当日は全身に10m以上分巻き付けて、おかげで怪我なしです。」

「それがアカンかったんちゃうんか!身体重なるやろ! で、結局タイムはどやったっけ?」

「3:32′29″、ネットは3:31′35″ですう。。。すみませんでした。。。」

「Aブロックからスタートさせてもろうてそれか。はあ~~。『篠山ABCマラソン』やから、評価は3段階やけど、やっぱC評価やな。」

「はい、仕方ありません。来シーズン必ずSUB3.5達成、、、します!!」

ばいきんまん、また負けたの~?

子どもが小さい頃、皆さんそうであったと思いますが、常にわが家のTVでも「アンパンマン」がかかっていましたが、このフレーズが身に染みる結果となってしまいました本日の「篠山ABCマラソン」。

「とげぞう、またSUB3.5駄目だったの~?」

「はい、ダメでした。。。辛うじてPBがやっとでした。。。」

「でも、今シーズンは3度のフルマラソン全部SUB4ですよ。昨シーズンのラストで際どく初SUB4でしたからね。もっと言うと今回が6度目のフルマラソンですから、SUB4達成率は昨シーズン末対比33%→67%で倍増ですよ!」

↑20数年もサラリーマンやってると、こういう目標管理の目標のすり替えならぬ、すりかえ成果のアピールが横行しているなあと度々思います。

で、仕事上この様なすり替えに出くわした時のとげぞう課長は、、、

「それもそやな~」とユル~く許してしまってます!(笑)

なんで、今シーズンはこれで良しとするかっ!半歩また半歩だよ!(自分にも甘い!)

但し、最低でも「今回どうしてそうなって?」「次に何をどうやれば良いのか?」が無けりゃあ、さすがに許しませんので、明日以降に、きっつ~い説教面談調で本日のレポを記したいと思います。

今日はとても疲れ、残念な結果に終わりましたが、大会関係者各位の温かさ、細やかな配慮にはホント感動しました!有り難うございました!!

またもや暗雲・・・

今シーズン最後のフルマラソン1週間前、今日は10kmペース走を実践。4′30″/kmとマラソンペースより20秒早い設定。復調気味のEPSON君の計測では、心拍数161の結果で、マラソンペースなら150台に収まるだろうと、ひと安心。順調!順調!

ではありませんでした(泣)

ダウンジョグで右足首、シンスプリントに激痛!稲妻が走りました!!

一瞬の痛みでなく、立ち止まりやり過した後、走り出すと痛くて走れません。。。何度か走ろうとしては立ち止まり、屈伸をしたりして走り出し、鈍痛が残るも構わずジョグし続けると何とか持ち直しました。

秋の大会2週前にも、仕上げメニューの終わり際に右足首が痛み出す事が有り、またかと意気消沈。。。

秋と同様、結果的に杞憂に終われば良いのですが。。。

寝起きはいつも足底、特に踵が痛くて、根本的に右足が良くないのは事実だとは思いますが、何とかあと一週間持って欲しいと願うばかりです。いつものテーピングで誤魔化すしかありません。

シーズンが終われば、一度診てもらおうと思います。

ワタシに来シーズンは有るのか?

明日は地元の「京都マラソン」開催。今年初めてエントリーしたものの、抽選ハズレの為、出走できず残念。ただ、複数回走った事のある知人によれば、コース幅が狭く渋滞ストレス大きいとか。。。これまた明日開催の泉州国際もハズレ、今シーズンの抽選は2勝3敗でした。

(3月以降も走り続けるとしたら、、、)そろそろ来シーズンのエントリー大会を考えないと。。。冷めやすいタチなんで、2週後の本命レースで目標達成の暁には、あっさりと走ること自体を辞めてしまうかも、、、などと思案中。

何かと知人や友人からの情報に左右されるタチでもあり、来シーズンは、前半「福知山」後半「泉州国際」が第一希望です!

「福知山」は参加賞?シャツのデザインと色づかいがモロ好みという、何とも不埒な理由っ。。。実は昨秋、一旦エントリー済ませるも出走見送った経緯があり、今となって後悔。。。「泉州国際」は抽選次第でしょうか。

今日は20kmペース走。設定対比1秒早い@4′39″/km。今週後半から気温が上がり、とても暑く感じられ汗まみれになってしまいましたっ。でも、今冬ずっと悩まされているトイレは一度も行かずに済みました。寒さによる影響が大きいのかもしれません。

受験制度から学ぶ

勝負レースまで3週間を切り調整段階へ入りました。昨日、ゼッケンとチップ、荷物預け袋他諸々が届きました。

今回は、何とっAブロックです!おおっ!! 目標未達成の時、言い訳できない環境が整いましたっ(汗)。申告タイムを「サバ読み」した訳ではないのですが、早い方のご迷惑にならないようブロックの後方に陣取りたいと思います。

ランニング以外でも、混沌としていた仕事面でようやく明かりが見え始めた事、そして何より、わが家の受験生が先ずは「滑り止め」をパスする事ができ、色々な事が良い方向へ向かっている気配を感じてます!

「滑り止め」という事は本命があるわけで、、、

話は脱線しますが、親(つまりワタシ)の経済力を鑑みても、公立高校へ進学してもらわなきゃ困るところです。で、年末知ったところなんですが、現在の京都府の公立高校入試制度は複雑怪奇??で、定員割れしていても不合格になるんです。

「ああ、それって余りに当日の試験悪けりゃってやつでしょ?」

それが違うんです。ホントに落ちるんです。

話せば長くなり、かつ説明できる自信もないのですが、、、

願書へは第1志望と第2志望の高校を記入でき、なおかつ第1志望は第1順位と第2順位の2校が記入できるんです。第2志望は欠員が出た場合に合否判定されるもので、実質的には第1、第2順位の2校に出願している形となります。

で、公表される志望者数と競争倍率は第1志望第1順位のみとなっており、第2順位がブラックボックスになっています。つまり公表数値的には定員割れしていても、最終的には定員を充足できない学校はほとんど無いのです。

第1順位で定員の90%(85%だったかも??)を合格させ、残り10%(15%?)を、第1順位で先の90%に入れなかった志望者と第2順位記入した他校からの「回し合否判定」となった志望者を合わせて合否判定するというカラクリです。

全てを理解した時「何の為の第1志望だよっ!」と直感的に思いました。

ワタシが高校受験した80年代後半の大阪府では、前期も後期もなく1校出願の一発勝負!判りやすい為、確か3月14日に受験して17日に合格発表がありました。。。現在の京都府では試験後発表まで10日以上間隔が開くんです。そらそうで調整大変でしょう!

ただ、この制度から学ぶべき点は、レースプランを複数想定しておくというところですね。「ひたすらイーブンペースで走り、30km以降に脚とスタミナが残っていたら上げられるだけ上げる」という秋の反省が微塵も感じられない単純プランでした。。。

これから3週間で、想定「外」の出来事が起こった時の為、第2プランくらいは考えておきたいと思います。