走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたいウォーキング、ジョギング、ランニングの違い

知っておきたいウォーキング、ジョギング、ランニングの違い

運動能力や目的に合わせて選ぼう

ウォーキングとランニングは「歩く」と「走る」なので、その違い明らかですが、エクササイズという観点でみると、単にスピードだけではなく、各々のメリット、デメリットがあります。ランニングをはじめる際、その特性を知っておけば、自分の運動能力や目的に合わせて、無理のないトレーニングプランが立てられるはず。ぜひ頭に入れておきましょう!

ウォーキング

どんなにスピードを出しても、左右の足のどちらかが必ず地面についているのが基本。
陸上競技の競歩でも、両足が地面から離れると即減点が課されます。常に地に足が着いているので足首や膝などにかかる衝撃が小さく、ふだん運動をしていない人でもケガや障害のリスクが少ないというメリットがあります。
またスピードが遅いぶん、安全性が高く、コースを歩きながら周辺の景色などをゆったり楽しめることも特長です。

ジョギング

細かい定義はいろいろあるようですが、ランニングの違いはそのスピードにあります。基本的に1kmの距離を5分以上、時間をかけて走るのがジョギング。
ウォーキングと違い"跳ねるように"走り、片足ずつ着地するので、腰や膝への負担は、ウォーキングより大きくなります。なお、"ゆっくり走る"という感覚には個人差があります。1kmを5分以上で走ってもカラダがキツイと感じたら、ジョギングではなく、まずはウォーキングからはじめましょう。

ランニング

ジョギングの延長上にあるのがランニング。
1kmの距離を5分以内とスピーディに走るため、運動量、消費カロリー量は多くなります。また、それだけ腰などへの負担も増します。ふだんランニング以外のスポーツでカラダを動かしている人は、いきなりハードに走りはじめることが多いようですが、一定の動作を長時間続けるランニングのカラダへの負荷は、ある意味独特なものがあります。"飛ばしすぎ"にはくれぐれもご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

このページの一番上へ