走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

体重計との付き合い方

体重計との付き合い方

ダイエットの成果をチェックしよう!

ダイエットにチャレンジしている人に限らず、スポーツを続けている人なら、体重や体脂肪率の測定結果は気になるもの。特に最近は基礎代謝や筋肉量まで測定できる高機能なヘルスメーターも多いですから、余計に楽しいですよね(それとも不安?)。
とにかく、ダイエット成果、カラダの変化を正確にチェックすることは、次のステップに進むための重要な目安になりますから、じょうずに活用したいものです。

同じ時間、条件で測定すること

体重や体脂肪率の測定は、必ず同じ時間帯で行うことがポイントです。朝と夜、計測するタイミングによって、体重なら1〜2kg、体脂肪率なら1〜3%増減することが珍しくありません。

また、ランニングや湯船にゆっくり浸かった後は、発汗などの影響で体重や体脂肪率が大きく下がることがあります。こうしたタイミングは避けるなど、時間だけではなく、測定する条件も揃えるようにしましょう。

また、測定値はノートや手帳などに必ず記録しておくのがおすすめです。パソコンに入力して、変化をグラフ化するのもいいかもしれません。

データに踊らされない!

さらに当日の食事内容や運動内容なども一緒に記録しておくと、生活や食事改善の大きな参考になります。
データを追いかけるためには、毎日測定してもいいと思います。ただ、注意したいのは毎日変化する数値に一喜一憂しないこと。数値にとらわれすぎてナーバスになると、後々リバウンドの原因になりかねません。

ダイエットの成果を確認するなら、1週間程度を目安に前週の平均値と比較をするくらいの、大らかな気持ちで見守ってください。その上で、もし前週より増えていたら、食事やトレーニング内容を見直しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
健康・美容
このページの一番上へ