走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

走る前のフォームづくり

走る前のフォームづくり

自分の走りを作るために、まずは基本を抑えて!

テレビのマラソン中継などでトップランナーたちの走りを見ていると、ランニングフォームは選手によってそれぞれ違うことがわかるように、ランニングフォームとは個々の体格などによって変わってくるものです。
これからランニングをはじめる人も、長く走り続ければ、自分の理想のフォームが自然とできてくるかもしれません。
ただ、絶対抑えておきたい基本動作はあります。ケガや故障なく、本格的に走る前に、基本はキッチリ抑えておきましょう。

おへそを意識して腰は高く

ビギナーに多いのが、腰が落ちて背中が丸まっているフォームです。これでは躍動感のある走りはできません。また、足への負担も大きくなるので、ケガや故障の原因となりますから、「腰の高い」走りを心がけてください。
足の付け根がおへそのあたりにあるような意識で走るといいでしょう。こうすることで、骨盤が安定し、自然とストライドも伸びるようになります。

腕は振るのではなく、肩甲骨を動かす

腕振りはリズムよく走るためにも重要ですが、"腕は大きく振ったほうがいい"と思っている人が多いようです。
しかし、内側や前方に大きく振る動作では意味がありません。肘を90度くらいに開き、脇を締めた状態でグッと後ろに引いてください。そうすると、自然に腕が戻って来ます。これを繰り返すだけです。"腕を振る"というより、むしろ肩甲骨を動かす感覚です。力は入れすぎず、また、抜きすぎないようにするのがポイントです。

まずは無難にかかと着地で

着地については、かかと、足裏全体、つま先、それぞれメリット、デメリットがありますが、ビギナーの場合は、一番自然に走ることができ、負荷も小さい、かかとでの着地をおすすめします。
この場合、かかとで着地して、親指の付け根(母子球)で地面を押して前へ進むイメージです。ただ、この動作を意識しすぎると、地面を蹴るように走ってしまい脛やふくらはぎへの負担が大きくなるので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
トレーニング
このページの一番上へ