走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングコースの選び方

ランニングコースの選び方

まずは自宅を起点とした短いコースを

ランニングを習慣化するためには、ランニングコースを選ぶことも大切なポイント。
「走っていて楽しくなる」コースが理想ですが......、そんなもの、なかなかあるものではありません。特に初心者の場合、走る距離はそれほど長くないので、まずは「走りやすい」コースを設定するのが無難です。
そのためには、自宅をスタートして、自宅に戻ってくるコースをおすすめします。これなら余分な荷物を持って走る必要もないですし、気も楽。距離は自由ですが、3〜5km程度がいいのではないでしょうか。
もし、距離を伸ばしたくなったら、コースを2周すればよいのです。

交通量の多い道は避けて安全に

自宅周辺にコースを設定する場合、基本的には勾配の少ない道を選びましょう。
坂が多いと、どうしても疲れて、くじけやすくなります。坂の多いコースは、もう少しレベルアップをしてから走ることをおすすめします。

また、交通量の多い道はリスクが多いですから避けるのが基本です。信号待ちもできるだけ少ないコースを。
それから、近所に公園などがあればコースに入れておくと、トイレや休憩が必要になった時に便利です。

慣れてきたら、週末専用コースを

最初のコースに慣れてきたら、マンネリ化を防ぐためにも、週末などに景色を楽しみながら気持よく、長い距離を走れるコースを、もう一つ設定してみましょう。近所に河川敷などがあればベスト。フラットコースで信号もないので、長い距離を走るには最適です。

また、川のせせらぎや季節の草花、鳥のさえずりなどを満喫しながら、気分爽快に走りましょう。河川敷をランニングコースにしているランナーは多いですから、刺激になるし、仲間を作るきっかけにもなるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
トレーニング
このページの一番上へ