走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングを続ける工夫とモチベーション

ランニングを続ける工夫とモチベーション

まずは、頑張らずに走る

「達成感」はランニングの大きな魅力の一つと言えるでしょう。
しかし、ダイエットや健康向上、自己タイムの更新など、その効果を実感するためには多くの時間が必要です。そして、努力がなかなか報われない──その時間こそがドロップアウトの大きな原因。
これを乗り切るために大切なのは、「頑張って走る」ことではなく、実は「頑張らずに走る」ことなのです。

さらに、頑張らずに走る

最初の1~2ヵ月は、速く、もしくは長く走ることは意識せず、走ること自体の心地よさを心身両面に覚えさせることが大切です。
まずは呼吸が乱れない超スローペースのジョギングかウォーキングからスタートします。カラダが軽くなってきたと感じてもスピードを上げずにペースを維持しましょう。疲れてきたらゆっくり歩いて、元気を取り戻してから再びスタート。

ウォーキング、ジョギングのどちらの場合でも、最初の2週間は週2、3回のペースで1回につき15~30分ほどで切り上げます。そこから、2週間ごとに、1.1~1.2倍を目安に運動の時間か距離を延ばしていきましょう。天候や体調がよくないときには、無理に走らないのが基本です。

目標設定は、あくまでも"ゆるめ"に

このように、これからランニングをはじめようという人は、必ず長・中・短期それぞれの目標、できるば"ゆるめ"の目標を立てることを心がけてください。短期は2週間ごと、中期は2ヵ月ごと、長期は半年後に設定するといいでしょう。

たとえば、「2週間で4~6日は必ずジョギングかウォーキングする」「2ヵ月で5km(または40分間)を呼吸を乱さずに走りきれる体力をつける」「半年後に10kmの大会に出場し、完走する」といった具合に、ゆっくり焦らず取り組むのが長続きのコツ。さらにレベルアップを図りたい時も同様です。
もしも短期、中期で達成できなければ、2週間か1ヵ月程度の延長期間を設ければいいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

このページの一番上へ