走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーフマラソンを楽しく走りきるために!

ハーフマラソンを楽しく走りきるために!

単に距離が増えると思ったら大間違い

5km、10kmのレースを経験すると、「もっと長い距離を走ってみたい」と欲が出てくるものです。ただし、5kmから10km、10kmからハーフ、「どちらも距離が倍になるだけ」と軽く考えていたら大間違い。ハーフマラソンにチャレンジするためには、それなりの準備と覚悟が必要です。初チャレンジを楽しいものとするためにも、その違いを知っておきましょう!

まとめて長〜く走る機会を作ろう

ランニングが習慣化し、大会にも出場済みという人でも、1日のランニングにあてる時間は長くても1時間程度ではないでしょうか? その場合、ゆっくりジョギング程度の速さで走っても、7〜8キロは走ることができます。それならば、週末などに少し長めの時間をとれば10kmを走ることは難しくありません。しかし、同じペースでハーフマラソンと同じ21.0975kmを経験しようと思ったら最低でも2時間半。トレーニングにもそれなりの時間が必要です。

熱いレース展開に釣られず自分のペースを

ハーフマラソンでは10kmのように、一発勝負の"思い出づくり"感覚で走るランナーは少ないので、"本気系"ランナーを中心に速いレース展開になります。雰囲気も10kmとはまったく違います。皆、意外とそんな空気につられてペースを乱し、自滅してしまうことも多いものです。そんな中をマイペースで走るためにも、日々のトレーニングで、"自分の走り"を確立しておくことが欠かせません。

給水や栄養補給、走ること以外のノウハウも

10kmのロードレースの場合、給水なしに一気に走ってしまう人も多いでしょう。また、レース中の栄養補給も頭にないかもしれません。しかし、ハーフマラソンでは給水が不可欠。走り慣れない人は中盤過ぎから、空腹にも悩まされることになります。エイドステーションで補給する場合でも、自分で携帯する場合でも、そのノウハウが必要です。さらに、トイレ休憩でレースを中断しなければならないこともあるなど、走ること以外にもさまざまな対策が求められます。

......厳しいことばかり並べましたが、逆に言えば、クリアしなければならない課題が多いほど、克服する醍醐味があります。そして、これを乗り越えてゴールすることに、ハーフマラソンの喜びはあります。これまでより、ちょっと気合を入れて取り組んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
大会・レース
このページの一番上へ