走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテ便乗ダイエットはアブナイ!

夏バテ便乗ダイエットはアブナイ!

夏バテは体調不良という認識を

夏に食欲が落ちる人は多いと思います。これを"ダイエットのチャンス!"と前向き?に捉える人もいるかもしれませんが、これは大間違い。確かに食欲不振にまかせて、食事の量を減らし、ソーメンなどさっぱりしたものだけ摂っていれば体重を落とすことには成功するかもしれません。しかし、これではダイエットではなく、ただ"やせ衰える"だけです。

夏バテは一種の体調不良ですから、そこに食事量を減らして栄養不足が重なれば体重とともに体力もダウンしてしまいます。そんな状態で走れば体調をさらに悪化させるという悪循環に陥ることに......。いえ、それどころか、そもそも走る気力も湧かなくなってしまうでしょう。

問題はそれだけではありません。気温の高い夏は体温調整の必要が少ないことから基礎代謝が低くなっています。つまり、夏のカラダは脂肪が燃焼しにくい状態なのです。その上、夏バテに乗じたダイエットでカラダに負担をかければ、基礎代謝をさらに低下させることになります。これは、たとえ体重が減ったとしても、どんどん太りやすいカラダになっているということです。そんなカラダで"食欲の秋"を迎えれば、リバウンドで以前よりも太ってしまうことになりかねません。

まずは食欲回復に努めて!

そんなことにならないようにするためにも、まずは夏バテの解消を。「やせ衰える」のではなく、「ムダな体脂肪を削ぎ落とす」ためには、食生活をより充実させて、安全に、より効率良く運動できる(体脂肪を燃やせる)健康なカラダを維持することが不可欠です。

夏に食欲が落ちるのは、暑さによる疲労感やストレスに加えて、発汗による体内のミネラル不足や水分の摂りすぎによる胃液濃度の低下なども挙げられます。暑いとつい冷たい飲み物をがぶ飲みしたくなるものですが、やはり飲み過ぎは禁物。ランニングの際にも、過剰摂取は避け、適度な補給を心がけましょう。

また、食欲がわかず、冷たくて手早く済ませられるメニューが続くと栄養バランスも偏りがちになるので、冷たい料理の次は温かい料理を食べてメリハリをつける、多様な栄養素が補充できる定食系のメニューを積極的に取り入れる、などの工夫が必要です。

香辛料をふんだんに使ったエスニック系料理もおすすめです。スパイスの刺激で食欲を促すのは、熱帯の国々に暮らす人たちが暑さから身を守るための知恵でもあるのです。このほか、ショウガやミョウガといった和風の薬味も同様の効果が期待できます。

なお、運動をしてたくさん汗をかいたあとは、失われた塩分を補給するために、塩気を少し強くするのがポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
トレーニング
このページの一番上へ