走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキング、まずは正しい姿勢できちんと歩く

ウォーキング、まずは正しい姿勢できちんと歩く

長く走るためにも、最初は歩く

ふだん他のスポーツをしている人ならともかく、運動に縁のない人や肥満ぎみでダイエットを目的にしている人が、いきなりランニングをはじめると、ケガや故障のもと。

また、なんといっても、最初から苦しく、カラダがキツければ長続きしません。まずは歩く、ウォーキングからはじめてみましょう。

正しい姿勢で、まっすぐ立つ

ケガや故障を避け、正しく歩くためにも、"まっすぐ立つ"姿勢を身につけておきましょう。

まず、全身が映る鏡の前に立って、 図を参考に自分の姿勢のクセを把握して、修正しましょう。長年身についたクセはなかなかすぐには直らないので根気よく。
姿見やショーウィンドーなど、全身が映るものがあれば、マメにチェックしてみてください。

training_img01.jpg

きれいなフォームはランニングの基盤にも

ウォーキングは単なる「早歩き」ではなく、エクササイズです。

また、正しいウォーキングのフォームは、見た目が美しいだけではなく、その後のランニングフォームの基盤にもなるので、図の説明をもとに、正しいフォームを身につけましょう。

また、その際に意識してほしいのが、「重心の位置」です。重心は、常におヘソの5cmほど下にある部位"丹田"に置くことがベスト。
カラダから余分な力を抜いて正しい姿勢をとりながら、頭の中で丹田を意識すると、カラダが前後左右にブレにくくなります。

training_img02.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
ウォーキング
このページの一番上へ