走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

疲労回復も重要なトレーニング

疲労回復も重要なトレーニング

超回復。休むと筋肉が成長する⁉

トレーニングで疲れがたまったら、しっかり休むことは基本中の基本ですが、さらに言えば、実は"休む"ことはトレーニングをより効果的にする、もう一つのトレーニングでもあります。走り込みや筋トレなど、筋肉に一定以上の刺激を与えると、その影響で筋繊維が破壊されるのですが、その時点で負荷をかけるのをやめる──つまり、休めばすぐに筋肉の修復がはじまります。24~48時間後にこの修復は完了しますが、その時点で、元のレベルより筋肉は増え、強くなるのです。

この回復現象は「超回復」と呼ばれています。

プロアスリートもトレーニングで活用

この理屈に従えば、ハードトレーニング→休養を繰り返すことで、筋肉はどんどん鍛えられることになります。
実際、プロアスリートの多くがこの超回復を考慮したトレーニングを取り入れています。
もちろん、トレーニングによる筋繊維の回復時間や程度には個人差があるので、一般のランナーでは、どこまで期待できるかは不透明ですが、トレーニング後の休養が筋肉を成長させてくれることは間違いないようです。

速くなるためには、休む勇気を

"もっともっと速くなりたい・記録を出したい!"と、どん欲にトレーニングに励む気持ちはわかりますが、真に成長を望むなら、"休む勇気"を持つことも大切です。

完全休養をする際には、必要なとき以外はカラダを無理に動かさず、ハリやコリのあるところをマッサージしたり(痛みが出るところは避ける)、睡眠を少し多めにとってください。時間をかけて半身浴をするのも疲労回復には有効です。

積極的休養はほどほどに

休養日でも「それほど疲れていないから、少ししはカラダを動かしたい」と思ったら、筋肉や心肺機能に負荷をかけ過ぎないように、軽めのストレッチや散歩程度のジョギングなど、軽めの内容にしてください。腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニングは休養にはならないので避けましょう。

また、休養日は、自分の体の状態をチェックするよい機会でもあります。疲れや痛みの出やすいところをチェックして、ランニング前後のストレッチやフォームの修正に役立てていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

このページの一番上へ