走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

LSD(ロング・スロー・ディスタンス)で、ランナーのスタミナをゲット!

LSD(ロング・スロー・ディスタンス)で、ランナーのスタミナをゲット!

長時間の有酸素運動でダイエットやメタボ解消も

LSDとは「ロング・スロー・ディスタンス(Long Slow Distance)」の略称で、文字どおり、長い時間、ゆっくりと、長い距離を走るトレーニングです。"スピードを上げない"ことを基本に走り、スタミナをつけるのが主な目的ですが、有酸素運動を長時間続けることで、体脂肪が燃焼しやすいカラダづくりにもつながるので、ダイエットやメタボ解消などをめざす人にもおすすめです。

ゆっくり、会話ができる程度のスピードで

走るペースは個々のレベルに応じて設定しますが、走りながら「呼吸を乱さずに会話ができる」程度のペースで走るのが目安です。
ビギナーであれば1kmを7~8分というところでしょうか。これを1時間以上続けることが望ましいのですが、走り慣れていない人は時間的にかなり長く感じて、負担になるかもしれません。
まずは30分からトライして、徐々に増やしていきましょう。

走ることに慣れてきたら、週1回を目安に

できるだけ立ち止まらず、長く走り続けることが大切ですから、LSDは信号などのない公園や河川敷のジョギングコースなどで行うのがいいでしょう。いくらカラダが楽に感じても、途中からペースを上げてしまうのは禁物。
その上でペース走と同じように、足の運びを整えて同じスピードで走り続けることを心がけてください。筋力や心肺機能といった基礎体力を高めるためにもいい練習ですから、ビギナーの方は走ることに慣れてきたら、週に1回程度のペースで取り入れてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
LSD・WS
ビギナー
このページの一番上へ