走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

WS(ウィンドスプリント走)でスピードアップ!

WS(ウィンドスプリント走)でスピードアップ!

風に乗るように走る、スピード練習

「WS(Wind Sprint、ウィンドスプリント走)」は、その名のとおり、風に乗るような感覚で走るトレーニング方法です。短い距離をスピードを上げて走る無酸素運動なので、筋肉や心肺機能にジョギングやペース走とは違った刺激を与えることができます。メインの練習ではありませんが、スピードの出るフォームと筋肉を身につけるために役立ちます。

"スピードを出す"フォームと感覚が身につく

ペース走やLSDといったトレーニングでは、長距離を一定のペースで走り続ける体力やリズムが身につきますが、その一方で、フォームが小さくまとまりがちになります。こうした練習にWSを取り入れると、スピードの出るダイナミックなカラダを使い方が自然と身についてくるのです。
また、"スピードを出す"感覚をカラダが覚えれば、ペース走やLSDは今まで以上に楽に走れるようになるはずです。

全力疾走の70〜80%で3〜5本

WSは走る距離は100〜150m。最初の3分の1までの距離で徐々に加速し、全力疾走の70〜80%までスピードを上げます。残りの3分の2の距離はそのスピードを維持して走ってください。これを自分の体力レベルに応じて、3〜5本程度繰り返します。

run_img.gif

WSはカラダが十分にほぐれてから

短距離であっても、筋肉に大きな負荷がかかるので、WSはジョギングやペース走など他のメニューでカラダが十分にほぐれてから行ってください。ビギナーであれば、最初の50mで加速、次の50mでスピードキープ、最後の50mで減速するやり方でもOKです。ゴール後に呼吸がなかなか落ち着かないようなら、ペースオーバー。もう少しスピードを落としましょう。

スピード練習なので接触などに注意!

陸上のトラックや長い直線のある公園などで行うのが理想的です。
近所になければ、なるべく平坦で、直線か緩やかなカーブの道を選びましょう。市街地の歩道や交通量の多い道は避けてください。
また、スピード練習なので、周囲の歩行者や自転車などにぶつからないよう、十分注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

このページの一番上へ