走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

フルマラソン当日の過ごし方

フルマラソン当日の過ごし方

スタート4時間前には起床。食事は3時間前までに

レース当日の朝は、"目覚めた"カラダで走るためにも、スタートの4時間前には起床しましょう。食事はエネルギー源となる炭水化物をしっかりと補給しておくことが大切です。

ご飯やパンのほか、うどんやパスタ、お餅などがおすすめ。主食とおかずが7:3くらいの割合にするのが目安です。遅くともレースの3時間前までには済ませてください。

会場には1時間半前には到着を

受付などに時間がかかることもあるので、会場には遅くともスタートの1時間半前までには到着しておきたいものです。

出かける際には、忘れ物をしないようにするのはもちろんですが、朝食をしっかり食べても、スタートまでにお腹が空いてしまうこともあるので、おにぎりやバナナ、ゼリータイプのサプリメントなどを持参して出かけることをおすすめします。

水分補給は十分かつ慎重に!

喉の渇きや脱水症状を防ぐため、レース前に十分な水分を摂っておきます。しかし、スタート1時間前を過ぎてからもゴクゴクとたくさん飲み続けるのはNG。特に気温の低い冬場のレースは注意が必要です。その後は少量の水分で口の中や喉を軽く潤す程度にしてください。

摂りすぎればレース中に仮設トイレの列に並んでタイムをロスすることに......。

スタート後もエイドステーションで給水は行えることをお忘れなく。

ウォームアップはあくまでも適度に

大きな市民マラソンなどでは、レースの30分以上も前からスタートエリアで待機しなければならないことが多いですから、その前にカラダを軽く動かして温めておきましょう。また、ウォームアップの時間をあまりとれなくても慌てずに。

サブ3(3時間切り)を目指すようなランナーでない限り、筋温を下げない程度にカラダを動かしておけばいいと思います。逆に過度のウォーミングアップがスタミナロスや筋肉疲労につながるともありますから、ナーバスになる必要はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
フルマラソン
このページの一番上へ