走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

美ジョガーのためのカンタン入浴術

美ジョガーのためのカンタン入浴術

入浴は心と体の疲れを癒してくれる、まさに至福の時ですが、賢く活用すれば、「美ジョガー」たちにとって、さらに充実した時間に!
今回は、お風呂タイムをランニングの疲れを癒しつつ、シェイプアップ&美ボディラインに導くためのノウハウを、紹介します。

ランニング&お風呂タイムで美ボディをゲット!

リラックス&リフレッシュ効果の高いお風呂タイムを賢く活用することで、ランニング力がアップするだけでなく美容&ダイエットへの効果も期待できます。

まずは以下で2とおりの入浴法をご紹介するので、自分の体質やライフスタイルに合った方法を選んでみましょう!

高温反復浴

「高温反復浴」とは、少し熱めのお湯(42度前後)に時間を区切って「入る(3分)⇔出る(5分)」を繰り返す入浴法です。まずは、かけ湯で慣らしてから首から下まで浸かり、浴槽から出たときに頭やカラダを洗うようにしましょう。

効果としては、血流アップと水圧の2つの負荷がカラダにかかるので、ランニングと併用することで消費カロリーアップにつながること。約300kcalの消費カロリーが期待できます。ただし、体調がすぐれないときや疲れているときは控えましょう。

長時間お湯に浸かるのが苦手、手持ち無沙汰、ゆっくり浸かる時間がないといった方にオススメの入浴法です。

半身浴

「半身浴」とは、ぬるめのお湯(38度前後)にみぞおちまで湯船に浸かり、ゆっくり30分程度入る入浴法です。

汗をじんわりかくことで、老廃物が排出されやすいカラダになり、血行もよくなるので女性に多い「むくみ」の解消に効果的です。また、副交感神経が優位に働くので、リラックス効果が得られるのも◎。ランニングによる疲労も解消されるでしょう。

お風呂では疲れを癒しつつ、ゆっくりとリラックスしたいという方にオススメです。

シャワーでできる丸秘テク!

body01_img02.jpg

ゆっくりお湯に浸かる時間がなかったり、サッと済ませたいときに役立つのが、シャワーで簡単にできるボディケアです。

肩甲骨を温めて代謝アップ

肩甲骨や首周辺には、「褐色脂肪細胞」といってエネルギーを消費しやすくする細胞が集まっています。この部分に42度前後の熱めのシャワーを5分程度当てることで、細胞が活性化し、脂肪が燃焼しやすくなるので、ランニングと併用すればさらに高いダイエット効果が期待できます。

脇やひざ裏を温めて老廃物を排出!

脇やひざ裏に集中するリンパ節は、脂肪と結びついて肥満の原因にもなる老廃物が溜まりやすい部位。この部分を高温のシャワーで5分程度温めると、リンパ節の働きが活性化され、老廃物の排出に役立ち、ランニングで疲れたり、むくんだりした脚を癒してくれます。

さらにパワーアップのお風呂タイム術!

積極的な水分補給を!

「ランニングを始めたら脚が太くなった」「ゴツゴツした筋肉がついた」という悩みは多いもの。そこでオススメなのが、入浴中に行うマッサージです。

マッサージはカラダが温まった状態で行うのがより効果的。そこで、入浴してカラダが温まってきたら、ジョギングで疲れた脚のマッサージを行いケアしてあげましょう。

body01_img04.jpg まずは、足の指と手の指を交互に重ね合わせ、足首を回したり、足指の曲げ伸ばしを行います(各5回程度)。足先の血行が良くなることで、疲労回復&冷え解消&むくみ改善に効果的です。

body01_img03.jpg

そして、ランニングで疲れやすい太ももは両手で大きくつかんで、内側&外側とまんべんなく、雑巾をしぼるようにマッサージしましょう(5回程度)。

以上、それぞれのポイントをしっかり意識して、お風呂タイムを上手に活用し楽しくヘルシーなランニングを実践していきましょう!

脇やひざ裏を温めて老廃物を排出!

脇やひざ裏に集中するリンパ節は、脂肪と結びついて肥満の原因にもなる老廃物が溜まりやすい部位。この部分を高温のシャワーで5分程度温めると、リンパ節の働きが活性化され、老廃物の排出に役立ち、ランニングで疲れたり、むくんだりした脚を癒してくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

関連タグ
ビューティ
このページの一番上へ