走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉澤永一の『歩ッと』ランニング 第3回 健康・美容につながるランニングライフのすすめ〜その1〜

吉澤永一の『歩ッと』ランニング 第3回 健康・美容につながるランニングライフのすすめ〜その1〜

①体力向上、美容(ダイエット)につながるランニングの日常への取り入れ方

日常生活をよりアクティブに楽しく過ごすためには体力が必要です。遊ぶのにも体力があるに越したことはないですよね。
その体力をつけるためには、持久力を高めるランニングやウォーキングなどカラダを長時間動かし続けることが有効です。
速く走る必要はなく、ゆっくりでOK。これを継続することが体力向上につながります。 市民ランナーを対象に指導をしていますが、多くのランナーがアクティブ!!(ランニングをして体力がついたからアクティブなのか、アクティブだからランニングに取り組むのか、どちらか不明ですが......)

美容(ダイエット)という点において、多くの女性が理想の体型(スタイル)を頭に描いていると思います。そのとき、どうしても見た目や体重を意識してしまいますが、私は、まず健康的であることが大前提だと考えています。いくらスタイルが良くても健康じゃなかったら、どうなの?と。

美容(ダイエット)が健康づくりにつながるというよりは、運動による健康づくりが美容(ダイエット)とつながっていると考えたほうがよいでしょう。気軽に始められ、しかも場所を選ばず一人でもできるウォーキングやランニングは、その最適な手段と言えます。

②脂肪燃焼とウォーキング・ランニングの関係性

さウォーキングやランニングは脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。
とはいえ、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動による脂肪燃焼や消費カロリー(消費エネルギー)はそれほど高くはありません。
身体活動による一日の消費エネルギーは全体の約2割。
基礎代謝による一日の消費エネルギーは全体の約7割。
(残りの1割は食事誘導性熱代謝など)

ということで運動による消費エネルギーは基礎代謝量に比べてはるかに少ない......
じゃあ、運動しても意味がないの?ってことになりますが、そんなことはありません。 ウォーキングやランニングなどの運動をすることで筋肉がつきます。筋肉がつくことによって基礎代謝量が向上するのです。
ベストな組み合わせは筋トレ&有酸素運動(ウォーキング・ランニング)。
筋肉をつけて基礎代謝量を上げて、有酸素運動で脂肪を燃焼させる!これが脂肪燃焼へ最短トレーニングです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

吉澤 永一コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
吉澤永一
このページの一番上へ