走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉澤永一の『歩ッと』ランニング 第5回 体幹トレーニングがランナーの底力を押し上げる〜その1〜

吉澤永一の『歩ッと』ランニング 第5回 体幹トレーニングがランナーの底力を押し上げる〜その1〜

体幹トレーニングはなぜ必要?

走るときに重要な「姿勢」を保つためには体幹を強化することが必要です。
「姿勢」が保てなくなると、前かがみになったり、背中が反ったり、腰が落ちたりと、効率的な動きができなくなるばかりか、カラダに偏った負荷がかかることで故障の原因にもつながりかねません。カラダを守り、効率的な美しいフォームを保つためにも、体幹トレーニングは必要なのです。
ちなみに「体幹」と聞くと「お腹周り(腹筋・背筋)」とイメージする人が多いと思いますが、体幹は首より上・腕・脚を除いた胴体部分が「体幹」です。

体幹トレーニングがランニングにもたらす効果とは

ランニングではスタート~中盤までは姿勢が安定しているため、ペースも安定しやすいのですが、中盤~後半にかけてスタミナが落ちてくると姿勢が乱れ、それに伴い脚もきつくなってきます。
そんなときは姿勢をまっすぐにすることを意識します。そうすることで脚への負担が減り、スピードダウンを抑えることができるのですが、それには強い体幹が欠かせません。
中盤〜後半にかけてもまっすぐな姿勢を保ち、安定したフォームで走り続けるためにも体幹の強化が必要なのです。

日々の生活の中でも大きなメリット

また、日常生活でもさまざまなメリットが生まれます。
まず、体幹が強化されることで、カラダ(足首→膝→腰→肩→首→頭)が一直線となった、よい姿勢になります。背すじが伸びているかどうかで、見ための印象は随分変わってきます。いわゆる背すじが"ピン"と伸びた姿勢の人は「若々しく」見えますよね。
さらに、よい姿勢とはバランスがよいということですから、腰痛の予防・改善にもつながります。将来的には寝たきりを予防することにもなります。

仰向けに寝て、手(腕)を使わずに起き上がれなかったら要注意。体幹が弱っている可能性が"大"です。今すぐ体幹トレーニングを始めましょう。

次回、この体幹トレーニングの具体的な方法をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

吉澤 永一コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
吉澤永一
このページの一番上へ