走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

西田隆維の『ゆるラン』通信 第8回 ランニング以外の走力UPトレーニングを取り入れよう!!

西田隆維の『ゆるラン』通信 第8回 ランニング以外の走力UPトレーニングを取り入れよう!!

無理なく、ゆる〜くスキルアップを

『ゆるラン』の基本は、頑張りすぎず、楽しく走ること。でも、やっぱり、記録が上がるなど"速くなったかも"と実感した瞬間というのは、うれしいものですよね。そのために必要なのはハードトレーニングだけではありません。毎日の生活の中で、無理なく工夫をすれば走力アップは可能です!

走ること以外の走力UP

まず、オススメなのはウォーキング。日常生活の中でエスカレーターやエレベーターを使わず、階段を意識して使う。また速歩にするなどちょっとしたことですが、それだけでも走力は変わってきます。時間があれば山道を歩き自然を満喫、また少し起伏があるコースを見つけて歩くのもいいですね。

歩くときのポイントとなるのがきれいな姿勢で歩くこと!! やはり姿勢は大切です。最初は意識しながらでも続けてみてください。そのうちに無意識でもきれいな姿勢が身についてくるはずです。

柔軟性UPの重要性

走る練習だけではなく、カラダのケアも大切です。ストレッチなど筋肉を動かすことによって血流がよくなり、代謝が上がります。代謝が上がると疲労の回復も早くなるし、アンチエイジングやケガ予防にもつながります。
僕はカラダも硬いし、ストレッチはあまり好きじゃなかったのですが、最近はケガをしやすくなったのでお風呂上りや気づいたときなど、マメに柔軟をやるよう心がけています。

走ること以外の走力UPにつながる筋力トレーニング

以前に吉澤永一コーチが紹介した体幹トレーニング
http://www.runningschoolq.jp/siru/topics/column/150918_3118.html
http://www.runningschoolq.jp/siru/topics/column/151106_3125.html
http://www.runningschoolq.jp/siru/topics/column/151113_3127.html

テレビを見ながらでもできる簡単トレーニングです。
無理のない範囲で行ってみてください。
あとはハーフスクワットも効果的ですね。
こちらはオフィスや電車の待ち時間にもできますね。
階段の一段抜かしなども脚力アップに効果的です。

今回お話ししたことは日常生活にちょっとプラスする、意識をする程度でできることですから気張らず、気が向いたときにやってみてください。いつの間にか楽に走れるようになったり、カラダの変化に気づく......と、言いたいところですが、"気づいた時にやる"という実践法って、なかなか続かないものですよね。なので、まずは期限を決めて取り組んでみましょう。その間に効果が実感できれば、長続きするはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

西田 隆維コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
西田隆維
このページの一番上へ