走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉澤永一の『歩ッと』ランニング第9回 冬こそダイエットのチャンス〜脂肪燃焼につながる冬場のトレーニング

吉澤永一の『歩ッと』ランニング第9回 冬こそダイエットのチャンス〜脂肪燃焼につながる冬場のトレーニング

筋肉量を増やして体脂肪を燃やしましょう

寒い冬場に外に出てトレーニングなんてありえない!
モチベーションが上がらない。でも、食欲は増すばかり。
......とはいえ、体型はどうにかしたい。悩み(?)はつきません。

冬場は寒さで血管が収縮して血流が減るため、筋肉や関節は硬くなり、柔軟性を失っています。筋肉や関節が固まった状態で準備体操・ストレッチから開始するのは危険です。この状態では効果的に伸ばすこともできませんし、いきなり伸ばしたら"ピキッ"ってことにも......。

そんなことにならないように、まずは5分程度のウォーキングや軽いジョギング。その後、筋肉を少し温めた状態で準備体操・ストレッチを行えばケガのリスクを軽減し、効果的に筋肉・関節を伸ばすことができます。

そんな人は、寒い屋外に出て無理にランニングやウォーキングをしようと思わず、自宅で筋トレを中心に取り組んでみてください。
筋トレをすることで、基礎代謝量があがり、太りにくい(≒やせやすい)カラダをつくることができます。やせるというよりも、トレーニングによって筋肉量が増えると、基礎代謝量が上がり、そのぶん、体脂肪を多く燃やせる(減らせる)というわけです。
筋トレといっても方法は山ほどありますが、なんと言ってもプッシュアップ(腕立て伏せ)とスクワット、この2つがシンプルで効果的です。
(※方法は以前の記事をご参照ください)
http://www.runningschoolq.jp/siru/topics/column/151113_3127.html

単純な筋トレを長続きさるために無理のない計画を

ポイントは「継続」。トレーニングの効果を出すには、やはりくじけずに続けることが必要です。それだけにハードな計画は避けましょう。
具体的には1回5分程度の筋トレを週4回程度OKです。たったそれだけ?と思うかもしれませんが、だからこそ長続きするのです。

基本的な1週間のトレーニングの流れは
月曜日:スクワット(10~20回を3セット)
火曜日:プッシュアップ(10~20回を3セット)
水曜日:休み
木曜日:スクワット(10~20回を3セット)
金曜日:プッシュアップ(10~20回を3セット)
土曜日:休み
日曜日:休み

筋トレ自体は楽しいものではありません。でも、継続することで、確実にカラダに変化が出てきます。それが自覚できるようになると、単純なトレーニングも、きっと楽しくなってくるはずです!
食事に関しては、ダイエットだからと無理に減らすのではなく、基本的にはバランス良く。
鍋ものが美味しい季節なので、鍋で野菜中心というヘルシーな食事もいいのですが、筋肉の材料となるタンパク質の摂取も忘れずに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

吉澤 永一コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
吉澤永一
このページの一番上へ