走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

西田隆維の『ゆるラン』通信 第9回 ランニングのセンス「ランセンス」を身につけて、自分にあったランニングを!

西田隆維の『ゆるラン』通信 第9回 ランニングのセンス「ランセンス」を身につけて、自分にあったランニングを!

その場の満足のためだけで走っていませんか?

指導2.jpg

毎月飛行機に乗るのも慣れてきました。
月に1回ペースで石垣島の子どもたちへ陸上指導をして3年目。子どもたちの成長は早いなとつくづく感じます。みんな僕が言ったことを素直に聞いて、吸収してくれる。けど、やっぱり十人十色ですね。

ランニングはセンス!
個人個人が言われたことを同じように素直に聞き入れても、それを汲みとる能力=センスのある子は成長スピードがはやい! これは大人でも同じです。
「今日はこのくらいのペースで走りましょう!」と言ったときに、言われたペースより1秒でも3秒でも速く走れたことに満足している方がいます。
今読んでくれている方の中にもいらっしゃるのでは?

確かに速く走れたことに満足度は高いかもしれません。
でも、これはナンセンス! いくら速く走ることができていても、無理にペースを上げたことでフォームが崩れてしまったり、余裕がなかったりという状況では、あまりいい練習になっているとは言えません。
そのときのカラダの調子にもよりますよね。また気候なども関係してきます。真夏の石垣島なんて外で1時間立っているだけでフラフラになるほど日差しが強く、湿度も高い。34度という気温の中、激しい練習をさせたら倒れてしまいますよ。

夏の走りこみなんてナンセンス。だから「ランセンス」

ishigaki縦.jpg

特にこれから全国的に暑さが厳しくなります。
「夏こそ走りこみ!」なんてカラダにダメージを与えているだけ。
自分自身の今の調子にあったペースで頑張りすぎない練習をしてください。

夏に走りこむなんてナンセンス!!
だから、体調や環境、そして走る目的など、
さまざまな状況に応じて、自分の走りを創造できる
「ランセンス」を身につけましょう!
私はセンスがないから......なんて心配しなくて大丈夫!
センスはこれからでも誰にでも身につけられます。

次回は、秋に向けての夏のトレーニング方法を教えます。
ポイントは......
※ペース配分!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

西田 隆維コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
西田隆維
このページの一番上へ