走りを学び、活かす!ランナーのためのポータルサイト

こんにちは さん!

  • ランニングを学ぶ
  • ランニング情報
  • 練習を記録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

西田隆維の『ゆるラン』通信 第10回 大会出場とセットの「旅ラン・ウォーキング」のススメ

ペースメーカーとしてフルマラソン完走、......そのあとで

kanazawa2.jpg

ここ数年、新規大会が続々と日本各地で開催されています。その中の一つ、昨年初開催で今年が第2回となる「金沢マラソン2016」(10月23日開催)を走り終えてきました。

前回に引き続きゲストペースメーカーを務め、設定タイムは3時間30分。呼吸は比較的余裕があり、景色や沿道の雰囲気も楽しめたのですが、35キロ過ぎからは脚がガクガク(汗!)。それでもゴールまでしっかり5分ペースを刻み続けることができました。

実は今回の金沢行きには、ゲストペースメーカーとして、3時間30分でしっかり走ることに加え、もう一つの目的がありました。それは、加賀百万石の街、金沢をバッチリ楽しむこと。

観光都市なら狭い移動範囲でも見どころ盛りだくさん!

kanazawa1.jpg

昔から旅行は好きだったのですが、ゆるい性格もあって、いつも行き当たりばったりの一人旅。でも、今回は時間が限られていたこともあって、しっかり下調べをしていきました。

前日のフルマラソンの疲労回復も兼ねて、軽運動のウォーキングで街を回りたいと思っていたので、観光ルートは、基本的にホテルから歩いて移動できることを前提に設定しました。当然、移動範囲は限られるわけですが、さすが金沢ですね〜、観光マップやネットなどで検索していると近場でも内容盛だくさんになりました!!

そういう意味では、金沢だけでなく"小京都"と呼ばれるような街は、見どころがギュッと凝縮されているので、旅ラン・ウォーキングには最適かもしれませんね〜。

疲れたカラダが軽い運動と美しい景色に癒される

さて、そんなこんなで計画を立てた上で、大会翌日、激しい筋肉痛を感じながらも"心を鬼"にして? 大きなバッグをフロントに預け出発。カラダにムチを入れながらぎこちない歩きで金沢の街へ繰り出しました。

でも、30分も歩いているとカラダは少しほぐれ、そこで一度体操。また歩き出し最初の目的地へ到着してから昼食を食べ再び歩き出す。なんだかんだで4~5時間は歩き続け、金沢観光を満喫し二つの目的を達成してきました!

最後にはカラダもかなり楽になりました。これがアクティブ・レストっていうヤツですかね? そんなことも含めて、"ぶらり地方大会出場&旅ラン・ウォーキング"超オススメです。

kanazawa集合.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る

西田 隆維コーチの他の記事を読む

関連タグ
コラム
西田隆維
このページの一番上へ